ホーム コラム スピリチュアル HSCと不登校とスピリチュ...
とびたかな
とびたかな

神々からのメッセージ① 瀬織津姫より

瀬織津姫です。 これから世界は混沌...

わたしのこと~無財の七施~

わたし、なぁんにもできないなぁ・・・わた...

戦う事を終えて!

私は前世からずっとボロボロになりながら戦...

HSCと不登校とスピリチュアルの関係性

前回、HSCについて書きました。

HSCの性質を持つ子どもたちと不登校、そしてスピリチュアリティというのは、深い関係性があると感じています♪

HSCの子どもは、人よりも感受性が高く、他の人よりも「受け取る」力が強いそうです。

それは本人が意図していなくても。

例えば学校で、お友達が先生に怒られていると、
自分も怒られている氣持ちになってしまったり、

ピリピリした空気を感じてしまったりと、

とても疲れるそうなのです。

人の気持ちにも敏感なので、普通の子どもなら「ケロッ」と機嫌が治ってしまうところを、些細なことも氣にしてしまうようです。

うちの長女も、不登校気味ですが、学校に行った日は、
とても疲れていて、寝つくのがいつもよりも早くなります。

また、HSCの子どもは、自己肯定感が低くなりがち。

自信を持てることを持ち、その能力を伸ばすお手伝いを大人が一緒にやっていけば、
その繊細で豊かな感受性を活かしていけると思います。

長女が不登校になり、学校のカウンセラーの先生とも話すようになりました。
カウンセラーの先生は、他の学校の不登校の生徒とも接しており、
たくさんの不登校の生徒を見てきたそうです。

そのカウンセラーの先生にHSCのことを話してみたら、
HSCのことをご存じでした。

不登校の子どもで一定数、HSCの子どもはいるそうです。

「この席だと光が当たりすぎるからイヤだ」とか、
大人には理解できないような些細なことをとても氣にするそうです。

見えないものが見える子もいるそうです。
大人として、「そういうことを言っていいとか悪いというのを教えないといけない」
とカウンセラーの先生はおっしゃっていましたが、
私は、(目には見えないもののことを言ってはいけないのはナゼ??)と思ってしまいました(笑)
子どもの霊能者がいてもいいのではないでしょうか?

現代の子どもは、年齢は子どもでも、霊性の高い子どもたちがたくさんいます。

HSCの子どももそのうちの一つの性質です。

スピリチュアルを学び、子どものうちからその才能を伸ばしていくのもいいのではないかと感じています。

バナー

アポロンハンド

先日ある魔法学校の先生から、何年も取れな...

ローズは魔女だったのかもしれない⑤

価値観、先入観、そんなモノがとりまくマー...

薬師如来様のお力

こんにちは。yukoです。わたしは子供の...