ホーム コラム ライフ 心と体に届く《香り》
Cocoroa
Cocoroa

はじめのいーっぽ!!

新しい自分・本当の自分への第一歩を踏み出...

『月輝キャンペーン&プレゼント!』

月輝をご愛用いただきまして誠にありがとう...

心と体に届く《香り》

初めまして。
三重県でアロマテラピー講師として活動しているCocoroa (ココロア)です。

アロマ、というとどんなイメージをお持ちでしょうか??

一般的には「オシャレ」「優しい癒し」「女の子のもの」というイメージが先行しているように感じます。

アロマの仕事をしている、と伝えると「何だかオシャレ!」とまずは言われます。

実際にアロマ雑貨はどれも可愛いかったりオシャレで、間違ってはいないし必要な要素ではあると思います。

「アロマ柔軟剤」なんて言われると華やかで使ってみたくもなりますよね♪

でもアロマテラピーを学んでみると、それはとても表面的なイメージで、実際は植物のパワフルさ、香りの奥深さや多様性を実感してイメージがガラッと変わります。

使い方や種類によっては強烈な作用を持っていて、とても「優しい癒し・体に安心」ではないものも存在します。

選ぶ香りの種類によっては《優しいお母さん》だったり、《オシャレな貴婦人》だったり、《根性のある力強い男性》だったり、《無邪気な子供》だったりするのですね。

それらを理解して使いこなすためには、化学的な見解も必要になります。

アロマテラピーとは、天然植物の《香りの成分》を心とからだの健康に役立てる植物療法のひとつです。

日本語では「芳香療法」と訳されています。

その香りの成分を取り出して集めたものを精油(エッセンシャルオイル)と言います。

一般的には小さな小瓶に液体状で入って売られています。
雑貨屋さんなどでも見かけますよね。

アロマテラピーは
「嗅ぐ」だけではなく「肌に塗る」、「蒸気と共に吸い込む」、「飲む(※特別な注意が必要なので、簡単にはオススメしません)」などさまざまな使い方があります。

次回より奥深いアロマテラピーの世界を私の実体験と共にお伝えしていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

バナー

ワクスピのコラムニスト

2020年12月からスタートしたワクスピ...

バックトゥー ザ・ネイチャー③

先日、美鏡先生と岡山にある、アールビーシ...

【ユキコスモ真理学】自信のつけ方。実践編。

こんにちは☆ユキコスモです 先日、生まれて...