ホーム コラム ライフ 睡眠薬の中止のコツ
工藤 青悟
工藤 青悟

茨城県おすすめ神社 大洗磯前神社

茨城魔法学校生の真生です。 茨城県の大洗に...

Village project

皆さんこんにちは。淡路島で活動しておりま...

腰痛について

皆さんこんにちは、工藤青悟です。 ...

睡眠薬の中止のコツ

こんにちは、工藤青悟です。

今日は睡眠薬中止のコツについてシェアします。

不眠症で睡眠薬を飲んでいる方、結構いらっしゃいますよね。眠れないと、かかりつけのお医者さんや心療内科で気軽に睡眠薬を処方してもらうことも多いと思います。

時々眠れないときに内服する程度なら、まだ大丈夫かもしれませんが、睡眠薬の種類によっては(ベンゾジアゼピン系の薬)、定期的に内服していると、たまに飲まないとき、余計に眠れなくなるという、「反跳性不眠(はんちょうせいふみん)」という現象が起こります。睡眠薬を飲まないと全然眠れなくなり、睡眠をとるためには毎日内服せざるを得なくなります。

アルコールや睡眠薬に頼らないと寝付けない状態は、身体の波動が下がっています。

そこで、薬に頼らずに寝付くには。。。

①朝日を浴びる。
朝日を浴びると脳の松果体というところからメラトニンという睡眠に関係したホルモンが分泌される時間や量が調節され、入眠しやすくなります。

②適度な運動をする。
肉体が疲労すると、ぐっすり眠れます。ただし、夕方以降の運動は、かえって寝付きを悪くしますので、朝からお昼過ぎくらいまでの時間に運動するのがおすすめです。

③ぬるめのお風呂に入ってリラックスする。
眠る1-2時間前に、40度くらいのお風呂にゆっくり浸かると、副交感神経が優位になり、寝つきやすくなります。

④スマホを寝室に持ち込まない。
スマホのブルーライトは不眠の原因になりますし、そもそも電磁波の観点から、寝室でスマホの充電をするのはお勧めできません。

⑤布団に入って瞑想する。
ワクスピ読者の方たちは、チャネリングの練習などしている方も多いと思いますが、自分の経験上、寝る前や起床の前はメッセージをもらいやすくなると感じます。チャネリングしていると寝られない時間が無駄に感じにくくて良いかもしれませんし、いつのまにか寝てしまったりします。また、十一面観音様のマントラは、安眠効果もありますので、唱えられる方は唱えてみても良いでしょう。

こういったことに注意して、寝られるよう体調を整えて、主治医の先生に、反跳性不眠を起こさない睡眠薬への変更や減量をお願いしてみましょう。
長年内服している人は特に、ゆっくりと減量していく必要があります。

工藤青悟

バナー

美鏡アドバイス☆霊力UPポイント『水』③

毎日の習慣として、水を2リットル近く飲む...

みんなちがってみんないい

初コラムになります。 はじめまして...

幸せを運ぶブーケリレー♪

みなさん、こんにちはもうすぐ母の日そして...