美鏡
美鏡

沢山の動物が幸せになる世界へ・・

短い間でしたが、こちらでコラムを書かせて...

我妻悠②

VORTEXにて、生徒さんとアガと私の3人での会話がスタート。ぎこちない雰囲気でしたが、生徒さんがアガと私を紹介してくれて、3人でゆっくりと話し合っていきます。

当時私は美鏡魔法学校を通じて、霊力がある方々とたくさん出会っていました。なので、アガに対しても軽い気持ちで接しながら、彼を知るために彼の得意分野を聞き取り調査スタート!

「いつ頃からこの世界に入ったんですか?」

「約10年ぐらい前です」

「結構長いですね。誰かから教わったんですか?」

「はい。メンターは3人ほどいます」

「なるほど」

「美鏡さんはいつからですか?」

「僕はね2018年1月。本格的には2月1日18時40分から。その当時は無職で家にいたんですよ。嫁と会話していたら、突然金縛りになってしまい、次に光の発光体が目の前に現れて、急に電気ショック状態。マジで死ぬかと思いました(笑)」

笑っているアガ。

「で、それからどうなったんですか?」

「感電が15分ほど続くんだけど、おさまったら目の前に宇宙の映像が視え始めて、口が勝手に動いて急に訳がわからないことを話し始めたんですよね」

「それはそれは…」

「その日から視えるように聴こえるようになってしまい、数日後には神様から霊能者としてカウンセリングを始めろって命令されて。断ると体調が悪くなるから嫌々スタートしたら、こんな感じになってしまいました!」

「面白いですね」

慎重な性格なのか、アガは半信半疑で私との会話を続けていきます。

続く…

バナー