ホーム コラム スピリチュアル 私の初めての霊体験②
Yuriko
Yuriko

はじめのいーっぽ!!

新しい自分・本当の自分への第一歩を踏み出...

『月輝キャンペーン&プレゼント!』

月輝をご愛用いただきまして誠にありがとう...

私の初めての霊体験②

今回は私の初めての妖怪体験についてお話しいたします

小学3年生の私はいつも通り1人で寝ておりました。
すんなりと眠りについたのですが、夜中に突然目が覚め金縛りにあっている事に気が付きました。

そうすると目の前に防護服を着たようなとても異質な雰囲気を放ったモノの存在を感じました。

『こ、恐い。何これ。』

身体は全く身動き取れず、首から上だけが辛うじて動く状態。
これは寝ぼけているのか、夢を見ているのか確認したく首を大きく振る。

瞬きもできる。

『これは夢じゃない』と確信。

恐いと思いながら目の前の存在に目を凝らす。。。

『ねずみ男だ』

そう、私の目の前に現れたのはねずみ男だったのです。

ジーーっと私を見つめるねずみ男。
何かをしてくるわけでもなくひたすら私の姿を凝視してきます。

私はどうしたらいいのか分からず、目を閉じてみるも、目を閉じても異質な空気がヒシヒシと伝わってきて心拍数がドンドン上がりました。
そんな時間を暫く続けたのちに気が付けば眠りについていました。

すると、翌朝全身の関節の痛みと高熱に悩まされる事に。
食事も喉を通らず、全身に激しい痛みと高熱が幼い私の身体を襲います。

続く

バナー

ワクスピのコラムニスト

2020年12月からスタートしたワクスピ...

バックトゥー ザ・ネイチャー③

先日、美鏡先生と岡山にある、アールビーシ...

【ユキコスモ真理学】自信のつけ方。実践編。

こんにちは☆ユキコスモです 先日、生まれて...