ホーム コラム スピリチュアル 人いちばい敏感な子
とびたかな
とびたかな

神々からのメッセージ① 瀬織津姫より

瀬織津姫です。 これから世界は混沌...

わたしのこと~無財の七施~

わたし、なぁんにもできないなぁ・・・わた...

戦う事を終えて!

私は前世からずっとボロボロになりながら戦...

人いちばい敏感な子

こんにちは!
三姉妹の子育てをしながら、アカシックリーディングで親子リーディングや、オラクルカードリーディングをしている、とびたかなです。

うちの長女は小学生です。1年生の頃から、学校に行きたくない、という日がたまにあり、私も最初は「学校に行かないなんてありえない」と、引っ張って連れていったこともありました。

ある日、長女がまた学校に行きしぶった日があり、なんとか長女を引っ張って、学校に連れていきました。
イヤがる長女に対しても申し訳なく、「こうやったから、こういう大人になる、というイコールの方程式はない」という言葉が自分の中にスッと降りてきて、「そうだよね、学校に行かなかったからって、ダメな大人になるって決まっているわけじゃない」と、自分の内側が、だいぶ楽になった記憶があります。

それから、私自身も、学校について、子どもについて学んだり、本を読んだり、
今は、学校には毎日は行かない、不登校(気味)と呼ばれる側にいます(笑)

長女が不登校になり、ある時、「HSC」という言葉とご縁がありました。
HSCとは、Highy Sensitive Child(人いちばい敏感な子ども)という意味です。子どもによって様々な性質があるようですが、ネットで調べていると、うちの長女の性質とぴったりリンクしていました。

とても繊細で敏感であること、寝付きが浅いこと(これも、敏感な性質のせいだったのかもしれません)、味覚も敏感であること、味の変化にすぐ気がつくこと、こわいニュースが苦手、想像力が豊か、想像力が豊かすぎて疲れる(笑)、アニメをみて泣いている、学校に行くと疲れる、人の何倍も氣にするし、氣がつくし、がんばっている。

学校に行くと疲れること・・・今までの小さい頃からの育てにくさが全部理解できて、私も母親として、「だからだったんだ!」と、理由が分かったことで、楽になったのを覚えています。HSCの性質は、理解されにくいところもあり、ただのわがままだ、みんなだって頑張っているのに、と思われることも少なくないようです。

でも私は、長女が、ちゃんと自分の氣持ちをキャッチしていたと感じますし、「学校に行きたくない」という一言には、子どもなりのたくさんの理由が込められています。

自分の直感を受け取ることをしてこなかった大人はたくさんいると思います。自分の感覚や直感を受け取ることよりも、世間体や、枠から外れないようにと生きてきた大人は、自分が本当に好きなこと、やりたいことが分からずに、誰かの人生を生きてしまっている人もいます。私もそうでした。

子どもたちが、自分の直感や感覚を尊重できるのは、とても素晴らしいことだと思います。
例えそれが、ワガママだ、とか、世間から外れている、と言われても。

長女の不登校をきっかけにHSCという人いちばい敏感な性質を知りました。この性質は、5人に1人の子どもが持っているといいます。この性質があっても、学校に行っている子どももいます。とても頑張っているのだと思います。

目には見えないですが、子どもたちは、大人が想像する以上に、とてもたくさんの事をキャッチしています。
この、素直で感度の高い子たちが生きやすい世の中をつくっていくのも、大人たちの役割だと思っています。

バナー

アポロンハンド

先日ある魔法学校の先生から、何年も取れな...

ローズは魔女だったのかもしれない⑤

価値観、先入観、そんなモノがとりまくマー...

薬師如来様のお力

こんにちは。yukoです。わたしは子供の...