ホーム コラム スピリチュアル わたしの実家の隣りには祖父...
☆STELLA☆
☆STELLA☆

神々からのメッセージ① 瀬織津姫より

瀬織津姫です。 これから世界は混沌...

わたしのこと~無財の七施~

わたし、なぁんにもできないなぁ・・・わた...

戦う事を終えて!

私は前世からずっとボロボロになりながら戦...

わたしの実家の隣りには祖父がつくった教会があります ①

祖父は大学教授でしたが、若き日にキリスト教徒になり、後に自宅の隣に教会を建て、そこで牧師としての活動もはじめたそうです。

祖父母と私の家族は一緒に暮らしていたので、小さな頃から日曜日になると家族そろって、その教会で過ごすのが常でした。

そこでは、日曜学校という子供たちが教会で神様、キリストの教えを学ぶ時間があり、私も記憶にないくらい小さな頃から日曜日になるとあたりまえの様に日曜学校に通っていたのです。

幼稚園、小学校低学年くらいからの日曜学校の記憶は、とにかく楽しいという記憶。

正直、聖書の内容などはあまり
聞いてはいませんでしたが、オルガンの音にあわせて讃美歌を歌ったり、
礼拝堂での学びが終わったあとは、
違う部屋に移動して、絵を描いたり、折り紙でカードを作ってみたり、工作したりと、美術的な時間があったんです。
もちろん、おやつ付きで♪

4月にあるイースターとよばれる復活祭では、可愛くカラフルなセロハンに包んだキャンディみたいな ゆで卵が庭に隠してあって、それを子供達が探す、、という楽しいイベントも。

(ちなみに復活祭とは十字架にかけられ処刑されたイエス キリストが、3日後に復活したことをお祝いするお祭りであることを後から知りました。
たぶん当時の私は特になにも考えず、ただただ楽しんでいたのだと思います)

クリスマスには、もみの木に沢山のオーナメントが飾られたキラキラと輝くツリーに、キャンドルの光が揺れる中、讃美歌の合唱、子供たちは舞台でイエス様生誕ストーリーの演劇をしたり。

そして一年で1番の御馳走、沢山のケーキや可愛いお菓子、プレゼント交換なんかもあって、、、
輝きに包まれたクリスマスイブと当日の思い出です。

本当に楽しいことが多い場所だったな、と今更ながら感じます。

教会にはたぶん小学校の高学年くらいまでは通っていました。

成長するに連れて、日曜日はお友達と過ごす方が楽しくなってきたり、
「なんだか親と教会に行ってるの、かっこ悪いな」なんて10代ならではのちょっとした反抗心みたいなものもあって、いつしか足が遠のいていました。

ただ、そんな時でも続けていたことがあります。
それは、、、

続く

バナー

アポロンハンド

先日ある魔法学校の先生から、何年も取れな...

ローズは魔女だったのかもしれない⑤

価値観、先入観、そんなモノがとりまくマー...

薬師如来様のお力

こんにちは。yukoです。わたしは子供の...