ホーム コラム スピリチュアル わたしの実家の隣りには祖父...
☆STELLA☆
☆STELLA☆

はじめのいーっぽ!!

新しい自分・本当の自分への第一歩を踏み出...

『月輝キャンペーン&プレゼント!』

月輝をご愛用いただきまして誠にありがとう...

わたしの実家の隣りには祖父がつくった教会があります② /お祈り

それは お祈りです。

教会では礼拝の最後に神様にお祈りをする時間があります。
そして我が家でも食事の前にお祈りをしてから、食事が始まっていました。
そして寝る前にもお祈りをします。きっとまだ小さな頃には寝る前に母がお祈りを子供たちに聞かせてくれていたのでしょう。

気づいたときには毎晩寝る前に自分でも神様へお祈りをすることが習慣になっていました。

私が小さい頃、毎日お祈りしていたことは
今日1日を守っていただいたお礼、
家族全員の名前を言って「みんなを守ってください。」とお願いする、
戦争がなくなりますように、
お祖父ちゃんやお祖母ちゃんが一生 死にませんように(笑)とお願いをする、
というルーティーンでした。

祖父が病に倒れてからは 教会でも祖父のためのお祈りが毎週されていたし
私も寝る前にお布団の中で「おじいちゃんが元気になりますように」
と神様にお祈りをしていました。

他にも何かお願いごとがあると神様に「お願いします!」と言いながら
お祈りしていました。

例えば小学校のクラス替え前に
「仲良しのお友達と同じクラスになれますように」など。

今思うと可愛いお願いだな〜と笑ってしまいますが
当時はかなり真剣にお祈りしていたような気がします。

教会に顔を出さなくなったときから今まで
お祈りをすることはもう身体に染みついてしまったようで、
数日しなかったりすることもありましたが、基本的には継続していることの一つです。

お祈りすることが習慣になったことは私の中ではとても重要なことになっているので祖父の作ってくれた教会や家族、当時の先生や皆さんに感謝の気持ちが溢れてきます。

なぜならば、お祈りするとたいていのことは叶うのです。
そして心の中に平和な気持ちも訪れます。

この話はまたあらためて
書きますね。

バナー

ワクスピのコラムニスト

2020年12月からスタートしたワクスピ...

バックトゥー ザ・ネイチャー③

先日、美鏡先生と岡山にある、アールビーシ...

【ユキコスモ真理学】自信のつけ方。実践編。

こんにちは☆ユキコスモです 先日、生まれて...