ホーム コラム スピリチュアル 感知タイプの私の子ども時代...
藍命-ai-
藍命-ai-

☆紗蘭☆美しくなる魔法のクリーム『美鏡先生』開発『月輝』☆

皆さまこんにちは紗蘭です♪いつもご覧にな...

沖縄リトリート

先日、沖縄で開催された美魔校リトリートに...

美鏡の除霊バー

2017年の年末。覚醒前の私は、当時のビ...

感知タイプの私の子ども時代の話①

物心ついたときから見えない存在が生活の一部だった私です。

リカちゃん人形で私は見えないお友達とよく遊んでいたという母。
母は全く霊感がないといい、怖いから言わないでと言っていました。

でも、私からするとそれが普通の生活です。

小学校低学年のときは、家の近くのお墓の中にいらっしゃるお地蔵様から「磨いてくれ」と声をかけられました。

見ると苔だらけの姿になっていました。

冬の寒い中、バケツに水を汲んで茶色タワシを使ってゴシゴシ磨きました。

その時は何してるんだろ??と一瞬考えましたが、近所の子達も面白そうと途中加わってくれました。

でも、流石に寒かったのか帰る子もいました。

3日目は特に寒さが厳しく誰も来ませんでしたが、寒さよりもピカピカにするぞー!!の気持ちが勝っていて
(今思うとさせられてた?笑)
3日かけてお地蔵様はピカピカになりました。

その時のお地蔵様の顔が本当に嬉しそうで、
嬉しい!嬉しい!という想いがダダ漏れで、
その想いを感じた私もとても幸せな気持ちになったことを今でも覚えています。

今思うと、そのときにお地蔵様をピカピカにしてお地蔵様からの感謝の想いを受け取った感動が、今の自分の人が心の奥底から喜んでくれることが心から嬉しい!大好き!!
の原動力になっているのだと気づきました。

お地蔵様があえて気づかせてくれたのかも!?と思っております。
そのおかげで今の私の幸福感はつくられています。

バナー

阿弥陀如来御守

ワクスピでお馴染みのコラムニスト、宇宙画...

十一面観世音菩薩様からのレクチャー②

【自分の霊力を上げるために除霊に励むので...