美鏡
美鏡

神々からのメッセージ① 瀬織津姫より

瀬織津姫です。 これから世界は混沌...

わたしのこと~無財の七施~

わたし、なぁんにもできないなぁ・・・わた...

戦う事を終えて!

私は前世からずっとボロボロになりながら戦...

男性妊娠出産②

この当時の私は、いつも9種類の結界を全身に張って活動を行っていました。また全ての結界にカタカムナを合体させ、プロテクションを更に強化。なので、何かが結界を破って体内に侵入するのは不可能な状態。自信を持っていただけに、私は混乱してしまい、自身のチャネリング結果を疑います。ですが、視たことのない物体が体内に何度も確認できるので、この状況を客観的に確かめる必要があると思った私は、視ることができる嫁に相談してみました。

「ねーねー。体内を視てくれる?」

「どうしたの?」

「う〜ん…身体がおかしいんだよね。ちょっと視てみてよ」

「わかった」

チャネリングする嫁…

「何かいるよ」

「だよね。いるよね。何が視えた?」

「動物みたいなもの。何か沖縄のシーサーみたいな」

「やっぱり」

「妖怪?それとも悪魔?」

「4足みたいな物体がいるんだよ」

「身体に入れたの?」

「意図的に入れた記憶が全くない」

「じゃあ何?」

「それがわからないんだ…」

体調が絶不調の私はチャネリング精度が低下。嫁のチャネリングで再確認したものの、正体がわからず原因解明に苦戦している中、当時のマスター守護の阿弥陀如来様が突如話しかけてきます。

続く…

バナー

アポロンハンド

先日ある魔法学校の先生から、何年も取れな...

ローズは魔女だったのかもしれない⑤

価値観、先入観、そんなモノがとりまくマー...

薬師如来様のお力

こんにちは。yukoです。わたしは子供の...