ホーム コラム スピリチュアル 天狗って何者なの?②
幡司涼太
幡司涼太

☆紗蘭☆美しくなる魔法のクリーム『美鏡先生』開発『月輝』☆

皆さまこんにちは紗蘭です♪いつもご覧にな...

阿弥陀如来御守

ワクスピでお馴染みのコラムニスト、宇宙画...

美鏡の感想『リトリート in 沖縄』

先日沖縄でリトリートを開催しました。美魔...

天狗って何者なの?②

日に日に、天狗のことが氣になりだした僕は、天狗に会いたい!という氣持ちも強くなりました。

しかし、当時の僕は、ヒーリングやリーディングを仕事にしているとはいえ、普段の普通の状態で、人のオーラや過去生や守護霊が視えたりする人ではありませんでした。

目を軽く閉じて、対象者をイメージすることで、その人のオーラや過去生や守護霊が、思い浮かぶタイプだったのです。

何としても肉眼で見たい!天狗に会いたい!!と思っていた僕は、シャーマンの師匠から教わった、「第三の眼」を開く呼吸法を、日々練習しました。

そして、ついにその時がやってきます!

僕の予定(予想?)では、天狗信仰のある山奥や、神社仏閣で遭遇すると思っていたのですが、2018年2月の新月の朝、代々木公園を「第三の眼」を開く呼吸法をしながら散歩していたところ、ふと、数メートル先の空に強いエネルギーを感じます。

なんだ!?なんだ!?と見上げたら、今度はそのエネルギーの塊が、シュッ!と公園に降りてきました。

初めはボンヤリとしたエネルギーの塊でしか捉えれていなかったのですが、そのエネルギーの塊が、大きな人型であること、そして顔のあたりが赤いことに氣がついたときに、はっきりとした天狗の姿を肉眼で見ることができました。(正確にいうと、第三の眼と、通常の両目の両方で見ている感じです)

まさか代々木公園で遭遇するとは思っていなかったので、呆然としていると、天狗が近づいてきて、天狗の団扇で僕の頭や肩のあたりをパタパタと仰いで、

「うむ!」

と一言呟いて、また一瞬で、空に飛び去っていったのでした。

いろいろ話したいことや聞きたいこともあったのに、ファーストコンタクトは、こんなシンプルなものだったのです。

しかし、この日を境に、僕の身の回りに変化が起きだします。

次回へ続く

バナー

私の初めての霊体験その④

前回は鼠男に遭遇し、苦しい思いをしたこと...

数秘術の話〜自分を知る手がかり

私たちは生まれる前からこの世で何をして何...

輝矢神子の体験談~美鏡勾玉編~

美魔校、美魔大関係者に関わらず大人気の「...