ホーム コラム スピリチュアル メニューのないレストラン〜...
坂巻 由美子
坂巻 由美子

はじめのいーっぽ!!

新しい自分・本当の自分への第一歩を踏み出...

『月輝キャンペーン&プレゼント!』

月輝をご愛用いただきまして誠にありがとう...

メニューのないレストラン〜カエルの姿焼き(9)

オツさんに

「いいかい?
ここ(地球)は
『メニューのないレストラン』だ」

と言われても

『メニューのないレストラン』

のことも思い出さないゆみにオツさんは
優しく話を始めました。

オツ♡「君が『メニューのないレストラン』
のことを思い出さなかったら
教えて欲しいって言うから
このレストラン作ったんだよ。

オツさんのことが
誰か思い出せなくてもいいんだ。

この地球はメニューのないレストラン。
ここと同じ。

好きなものを
好きなだけ
好きなようにオーダーしたら
出してくれるんだ」

そう言うとオツさんはオーナーシェフに向かってこう言いました。

オツ♡「おーい。シェフ。
この子が好きなのは
ショートケーキだ!
紅茶はアールグレイ。
先にスパークリングワインも持ってきてくれ!」

シェフ「え?
お、お客さんお好きなのは
カエルの姿焼きでは…。

お、お前ら!
急いで材料の手配だ!

出来上がるまで
カエルの姿焼きをお出ししておけ!」

オツ♡「ほらごらん、
今から大慌てで
材料の調達から始めてくれている。

それまでにお腹を空かせたくないから
今まで出したものを出しておいてくれって
出かけて行った。

これが宇宙の愛と言わずに何だろう!」

訳のわからないことを言いながら
うっとりとするオツさんに
ゆみの頭は混乱のまま。

つづく

バナー

ワクスピのコラムニスト

2020年12月からスタートしたワクスピ...

バックトゥー ザ・ネイチャー③

先日、美鏡先生と岡山にある、アールビーシ...

【ユキコスモ真理学】自信のつけ方。実践編。

こんにちは☆ユキコスモです 先日、生まれて...