ホーム コラム スピリチュアル しっていたはずの愛の意味

☆紗蘭☆美しくなる魔法のクリーム『美鏡先生』開発『月輝』☆

皆さまこんにちは紗蘭です♪いつもご覧にな...

阿弥陀如来御守

ワクスピでお馴染みのコラムニスト、宇宙画...

美鏡の感想『リトリート in 沖縄』

先日沖縄でリトリートを開催しました。美魔...

しっていたはずの愛の意味

Mother Teresa of Calcutta at a pro-life meeting on July 13, 1986 in Bonn, Germany

私が幼い頃の記憶ですが…
父は家に帰って来たり来なかったり風来坊な父で、母親は専業主婦でした。
ある時父が家に帰ってこなくなりしばらくすると
父の地元の後輩の男の人や保険屋の知らないおじさんが家にくるようになった。

それから…
入れ替わり立ち替わり男の人が家を出入りするようになり
母親は私に言ってきた。
今日からお父さんだから
お父さんって呼びなさいと…
子供ながらに嫌だった。
母が嫌いだった。

数年後…国が経営する施設から坊主頭で出所してきた親父だったが、母が嫌いだった私は父と暮らすことにした。
小学校1年生の頃だった。
裏家業の構成員だったからなのか…当番だと数日帰ってこない日もあって小学校1年にはキツイ生活だった…
幼いながらに心に決めたことがあった。
自分が大人になったら別居や離婚なんてしないし
暖かい家庭を絶対に作ると誓った。

それから月日は経ち
25歳で結婚、26歳の時に子供ができた。
自分が理想とする愛の形はあったはずだった。だけどどう接して家族というものを作っていくのかわからないまま月日だけが過ぎ、33歳で離婚…それから36歳で再婚…
37歳のときに美鏡先生と出会いスピリチュアルを学び始める…
39歳にしてやっと愛の意味を知った。

聖書の「求めなさいそうすれば与えられる。探しなさいそうすれば見つかる。門を叩きなさいそうすれば開かれる。」
この短い文章に衝撃を受けた。

遅すぎるかもしれないけど…これからは多くの人に愛を分け与えられる
人間でありたい…
     
中年親父より

完。

バナー

私の初めての霊体験その④

前回は鼠男に遭遇し、苦しい思いをしたこと...

数秘術の話〜自分を知る手がかり

私たちは生まれる前からこの世で何をして何...

輝矢神子の体験談~美鏡勾玉編~

美魔校、美魔大関係者に関わらず大人気の「...