ホーム コラム スピリチュアル 私に生霊が憑いていたときの...
志真(しま)
志真(しま)

神々からのメッセージ① 瀬織津姫より

瀬織津姫です。 これから世界は混沌...

わたしのこと~無財の七施~

わたし、なぁんにもできないなぁ・・・わた...

戦う事を終えて!

私は前世からずっとボロボロになりながら戦...

私に生霊が憑いていたときのお話③

皆さん、こんにちは☆
志真です♪

『私に生霊が憑いていたときのお話②』の続きです☆

精神的に限界がきていた、ある日、部活終了後に町道場で練習するため向かったところ、吐き気が襲ってきて、母の前で…盛大に吐きました!!!、もう、そりゃ盛大に(笑)

異変を察知していた母は、「最近、様子が変だけど何かあった?」と話を切り出してくれました。

いっぱいいっぱいだった私。
泣きながら、監督に言われたこと、されたこと、同期と監督の板挟みにされていること、たくさんの不安を吐き出しました。

母は、黙って聞いてくれました。
私の話が終わると、「なんじゃそりゃ!理不尽にも程がある!志真は何も悪いことしてないじゃないか!!こんなに娘を苦しめやがって!!!」と大激怒!!!!!

私は、「私が悪い」と責められると思っていたので、拍子抜け&味方がいたと安堵し大号泣。
早くに相談すれば良かったと少し後悔。
でも、母が怒ってくれたおかげで、また前に進もうと思うことができました!
徹底的に戦ってやる!と。(笑)

ですが、監督の凛ちゃんへの「別れさせろ」攻撃等が終わることはなく、責め続けられる日々が続きました。

そしてある日、ぶちギレた母・・・。
「あたしが話をつけてきてやる。」と体育教官室へ乗り込んでくれました。
暫くは様子をみていた母ですが、毎日のように責められて凹んでいる私をみて、ついに堪忍袋の緒が切れたようです。
話した内容は知りませんが、それ以来、“別れさせろ攻撃”はなくなりましたが、当たるところが無くなった監督の指導がキツくなったのは、言うまでもありません。

そのいざこざも、凛ちゃんの両親が監督の元へ乗り込み、すんなり解決したそうで、凛ちゃんも、すぐに部活へ復活しました!(笑)

私の苦労はなんだったの・・・。

そんなところで、精神的に病んでいた私を何とかしようと、母が霊力がある知人へ相談してくれました。

そこで一言。
「志真ちゃんに、生霊が憑いてる。」

もう、皆さんはお分かりですか???

私に憑いていた生霊とは、なんと!!!!

『私に生霊が憑いていたときのお話④』に続く☆

バナー

アポロンハンド

先日ある魔法学校の先生から、何年も取れな...

ローズは魔女だったのかもしれない⑤

価値観、先入観、そんなモノがとりまくマー...

薬師如来様のお力

こんにちは。yukoです。わたしは子供の...