ホーム コラム スピリチュアル 神様とシェア生活(2)
坂巻 由美子
坂巻 由美子

はじめのいーっぽ!!

新しい自分・本当の自分への第一歩を踏み出...

『月輝キャンペーン&プレゼント!』

月輝をご愛用いただきまして誠にありがとう...

神様とシェア生活(2)

オツさんとは何者なのか?

これは由々しき問題である。

いつからオツさんはいたのですか?とか、
いつからオツさんと話していたのですか?と、
聞かれることも多いのだが
結論からすると

ずっと一緒にいたのだと思います。
ずっと話してたのだと思います。

である。

ただし、今のように
人間の会話のようなものになったのは
6年前くらい(だと思う)。

オツさんとこうして
よくわからないやりとりをしていくと
幼少期の記憶がフラッシュバックする。

「あそこで余計なことをして
大人に怒られたのはオツさんのせいだ!」

となることが多い。

言うならば
悪さをしておきながら

「悪い子はコイツです!」

と言って
オツさんは走って逃げて
私だけ怒られる・・・(怒)みたいな感じ。

思えば
幼い頃から
私は人間に馴染めず
あらぬ方向を見ては

「帰らせて!」

と言い

話しかけても返事をしてくれない
ものたちに向かって

「返事がない!」

と怒っていた。

なんとも不思議な子供。

そこから大人になり
真っ当な会社員として
真っ当な人間として
生きていたのだけれど
ある時から
台所でボソボソと
おじさんの声で
単語が聞こえるようになった。

試しにある日

「あなた誰?」

と聞いたのだ。

するとその声の主は言った。

「ワシ?
う〜ん、そうだなぁ。
何者でもないんだよな。
名前もないし。
それじゃ君が困るだろうから・・・。
そうだな。
人生はオツだから
『オツ』って呼ぶといいよ!」

こうして『オツ』さんとの
共同生活が表向きスタートした。

ところでオツさんって
本当に何者なの?

つづく

バナー

ワクスピのコラムニスト

2020年12月からスタートしたワクスピ...

バックトゥー ザ・ネイチャー③

先日、美鏡先生と岡山にある、アールビーシ...

【ユキコスモ真理学】自信のつけ方。実践編。

こんにちは☆ユキコスモです 先日、生まれて...