ホーム コラム スピリチュアル 10年と少し・私とあなたの...
まふゆ~光の雫~
まふゆ~光の雫~

神々からのメッセージ⑪ 月読命より

こんにちは、私は月読命です。 今こ...

精神世界への旅

旅好きだった私が、旅をすることを忘れ、自...

愛と美の女神アフロディーテからのメッセージ

皆さん、こんにちは。 私は、愛と美...

10年と少し・私とあなたのお話

東日本大震災から、10年が経ちました。
10年を通して繋がり、お伝えしたいこと。
今回は少し違う角度と方法で・・・
少し長いですが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10年前に、私は閉じ込められていた。
あんな風に、突然、理由なく、
日本でたくさんの日常が壊れていく中で、
とてもとても小さな自分の周りの社会に、窮屈に締め付けられていた。

日本中で悲しみが溢れている。
不安の波で大きく揺れている。
それなのに自分のこの小ささは、何だ。
振り回されるべきことは、心を動かされるべきことは、こんなことではないはず。
違和感と、ちっぽけな自分自身に、絶望した。

あの日感じた、ずっと忘れない、あの感覚。

でもそれは今思えば、自分で作り出していたことだった。
気持ちに蓋をして、嘘をついて生きていた。
心が苦しいね。身体も苦しいね。
嘘で覆った自分の存在は、他人からも薄っぺらく、気持ち悪い存在に映ったはず。
だからきっと、そう扱われた。
自分が、自分をそう扱っていたから。

そこから時が経ち、9年。
今度は世界に大きな不安の渦が襲ってきた。
さぁ、私はどう変化した?

少しずつ、嘘の自分を脱ぎ捨てていた私。
今度は、振り回されるような周りの世界は、無かった。
私は振り回されてはいなかった。
でも、周りには、何も無かった。

人との繋がりが薄れていき、
自分で作り上げてきたはずの環境や関係が、
手からどんどんこぼれ落ちていった。

私には、何も無かったのかな?
襲ってきたのは、孤独感。
私は誰とも、どことも、繋がっていなかった。

でも、そこで私がしたことは、
嘆くことではなく、自分に目を向けること。
誰とも、どことも、繋がっていなくても、
私は一番近くに居る、自分と繋がり直すことを、ゆっくりとしていった。

あなたは何が好き?
あなたは何をするのが心地良い?
家の中に置くもの、
仕事の合間にすること、
口に入れるもの、
思い浮かべる人、
一つずつ丁寧に、聞いてあげて、叶える。
その答えを知っているのは、
叶えてあげられるのは、自分だけだから。

自分の時間を豊かに満たしてあげると、
自分を幸せにしてあげたことに気がつく。
それはまさに、「自分を愛する」ということだった。
私は、この世でたった1人の「自分」という存在を笑顔にできる。
そんな自信が、静かに湧いてくる。

これを、世界のみんなが、一人一人していったらどうだろう?
自分に正直になる。
自分の心地良い瞬間を増やす。
自分を、思いきり愛する。

そんな風に心がまぁるい人たちが、一人でも増えれば、
地球がもっとまるく、優しくなる。
私はその、キッカケを作りたい。
心にぬくもりと光を届けて、心地よいその一瞬を感じてもらいたい。

切り絵や言の葉、このコラム。
そしてこれから感じ取る、ありとあらゆる方法で、私ができることを、私はしていく。

そんなことに気づいて、行動していった9年目。
想いを共有できる人たちと、するすると心が繋がっていった。
小さな世界で、何もできないと嘆いていた私。
10年が経ち、人は何でもできると、今はもう知っている。

これは私の10年を切り取った話。
でもあなたにはあなたのストーリーがあり、今がある。

たまに、振り返ってみてください。
全ての繋がりに、あなた自身の歴史に、
あなたが一番、感動してみてください。

それもまた、自分を愛してあげるということ。
あなたの愛を、宇宙で一番愛おしいあなたへと、これからもたくさん贈ってあげてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大切なあなた
どうか笑顔を忘れないで

自分から贈る最上の愛は
いつでもあなた自身へと

あなたから溢れた愛は、
地球に溢れ落ちて、まぁるく拡がる。
地球から溢れた愛は、
優しい光となり、ひろいひろい宙へと拡がっていく。

バナー

美鏡コンサル

美鏡コンサルとは、ご購入者様の人生をより...

オーラエネルギーセッション体験談

美魔校の副教頭の煌泉千青さんの商品、オー...

私たちが生霊から受ける影響②

※①からの続きです。 自分自身でチ...