ホーム コラム スピリチュアル おと姫からのメッセージ
小夏千輪羽
小夏千輪羽

沢山の動物が幸せになる世界へ・・

短い間でしたが、こちらでコラムを書かせて...

おと姫からのメッセージ

 男性タイプがどうなっているかわからないので、これは女性だけが分かればいい!と思いながら書きますw。みなさん、おトイレのときの「音」が恥ずかしいと思いますよね?そういう方が多いから、音が近くの人に聞こえないための「音姫」という、鳥の鳴き声だったりお水の機械音を流しながら用を足すスイッチが生まれました。わたしも音姫、あれば押します。今は小学校のおトイレにもあるんですよ!今の子供たちは、小さいときからエチケットとして当たり前になっているのかもしれないですね。
 わたしはだいたい外にいてひとりのときはヘッドフォンをしているのですが、この前わりと爆音で音楽を聴きながら、そのまんま駅のおトイレに入りました。BTS の「 Dynamite 」をバックに、ノリノリで用を足したのです。随分楽しいおトイレタイムでした。その時、音姫を押すのを忘れていたのです。ここでハッとしました。周りに対するエチケットのため、自分が恥ずかしくないために押していた音姫、実は自分が爆音で何かを聞いているときは、必要ないのです!自分にさえおトイレ音が聞こえていなければ、必要なかったのです( 2 回言いました )。 恥ずかしい、と思うことに自分の感情がフォーカスしていれば隠す必要があるけど、フォーカスしていなければ、隠す必要がないのです。自分に聞こえていなければ、周りに気を使うというアンテナも立たない。
 この恥ずかしさという感情はとても厄介で、副産物として世の中に美しい文化も生み出すけれど、自分の本当にやりたいことを我慢させたりもするよね。自分がこんなことしてしまったら周りになんて言われるかな?という恥センサーが起動するから、なかなかやりたいことができない。でもこれって、周りの問題じゃなくて、自分がどう思ってるかに尽きる。この際、やりたいことを邪魔する恥センサーを爆音でかき消す!ここでの爆音は、やりたい!ワクワクする!という気持ち。さぁ今日からあなたのワクワク気分を爆音にして、楽しいことを始めてくださいね!あ、ちなみに、今主人に男性の音姫使用率を聞いてみたら「みんなあるけど使わない。恥ずかしいときは水を流す」だそうです。
どうなん、それ?

バナー