ホーム コラム スピリチュアル 不思議な葉っぱの話
ISOHI KENTA
ISOHI KENTA

神々からのメッセージ① 瀬織津姫より

瀬織津姫です。 これから世界は混沌...

わたしのこと~無財の七施~

わたし、なぁんにもできないなぁ・・・わた...

戦う事を終えて!

私は前世からずっとボロボロになりながら戦...

不思議な葉っぱの話

昔、なにかで聞いた話をふと思い出しました。

どこかの島に木があって、その木の葉っぱには文字が書いてある。

その葉っぱを一枚摘み取って文字を読むと、そこにはこう書かれているそうです。

「あなたは◯月◯日にこの葉っぱを手に取るでしょう」

その人の名前と、来た日付け、そこに至るまでの経緯なども書かれているとか。

葉っぱはたくさん生えていて、一枚一枚に文字が書いてあるそうです。

いつ誰がどのように、その葉っぱと出会うのかが決まっているそうです。

私はこの話をなにで見聞きしたのか忘れてしまいましたが、同じような話を聞いたことある方はいますか?

今となっては疑わしいところだらけなのですが、なぜかとても印象に残っているのです。

例えば、この話を聞いて面白そうだと思い私自身もその島に行ったとしたら・・・

きっとそのことも書かれているのでしょう。

このまま行くことがなければ、私の葉っぱは最初から存在してないはずです。

単純な話ですが、聞くほど不思議な話にも思えてきます。

その島に行く人は既に決まっていて、話を聞いて実際に行く人は葉っぱに出会える。
そして葉っぱにはその経緯も書かれている・・・。

でも、話を聞いても行かない人がいることも最初から決まっていて、その人の葉っぱは存在すらしてない。

そもそも、この話にすら出会わない人もいる。

人生のシナリオが決まっているとして、そのシナリオを変えようと動いたことすら決まっている。

全ては起こるべくして起こる。

そんな風にも感じますね。

正直、トリックはいくらでも考えつきそうなので不毛な話にも思えますが、どこか哲学的な話にもなりそうですよね。

私自身どこで聞いたか、誰が言っていたのかすら忘れている話ですが何故か覚えている話でした。

あなたが今日このコラムを読み、この話を知ることももしかしたら決まっていたのかもしれませんね。

あなたはその島へ行きますか?

礒飛健太

バナー

アポロンハンド

先日ある魔法学校の先生から、何年も取れな...

ローズは魔女だったのかもしれない⑤

価値観、先入観、そんなモノがとりまくマー...

薬師如来様のお力

こんにちは。yukoです。わたしは子供の...