ホーム コラム スピリチュアル ☆紗蘭☆いつも神様と一緒☆...
紗蘭(サラン)
紗蘭(サラン)

☆紗蘭☆美しくなる魔法のクリーム『美鏡先生』開発『月輝』☆

皆さまこんにちは紗蘭です♪いつもご覧にな...

阿弥陀如来御守

ワクスピでお馴染みのコラムニスト、宇宙画...

美鏡の感想『リトリート in 沖縄』

先日沖縄でリトリートを開催しました。美魔...

☆紗蘭☆いつも神様と一緒☆②

こんにちは紗蘭です♪
前回①の続きを、お話ししたいと思います☆

前回も書いたように、『神様の存在』を常に意識して生活していた私ですが、元々は実家近くの祖母が檀家だった法華経の幼稚園に入園してお経に耳を傾けたりして過ごしておりました。

それがいつしか(確か小学4年生)くらいのときに、イエスキリストが十字架にかけられたペンダントを教会のお話し会に参加していただいて以来、とても気に入ってしまい食器を飾っていたガラス棚にその十字架のペンダントも飾って、毎日お祈りをしていました。「うちは信仰していないからダメだよ!」と両親から注意を受けても、何故か辞めたくない自分がいて聞き入れませんでした。

中学生になってからは毎日の塾通いに忙しくなってしまい、お祈りなどをしない生活になっていきましたが、高校は私立のミッション系の女子校に進学したので、毎日お祈りをしたり賛美歌を歌ったり、聖書に書かれている内容について勉強しましたが、とても興味があったので宗教のテストは常に満点近くでしたし、学校の聖堂で賛美歌を聴いているととにかく癒される感覚に包まれて、今思うとあの感覚が『魂が喜んでる』ということだったのだと思います。

それに伴ってあの頃、映画『天地創造』も何度も繰り返し観たりしていました。
神様がこの地球上に人間の『男』と『女』を誕生させて、神様がしてはいけないという行いを人間達が守らないでやってしまう。。そんな話しから様々な物語が展開していくのですが、どんなに時代が変わっても人間は自分の『欲』にとても弱くて逆にそれが『人間らしさ』なのだと学んだりしていました。

大人になってからも、キリスト教を信仰しているわけでもないのに興味がとても湧いてしまう『あの気持ちは、一体何だったのだろう』とよく考えたりしていました。

その理由がなんなのかを、後に知ることになる出来事に遭遇します!

このお話しの続きはまた次回で♪

※写真は、私が育った北海道の洞爺湖の景色です☆

☆☆お知らせ☆☆
現在、美鏡先生が開発されたボディークリーム『月輝』を私の会社で販売中です。

購入サイトはこちら↓
https://salondeberenice.stores.jp/

Instagramでも紹介しておりますので、ぜひご覧ください♪
https://www.instagram.com/salan_selene

バナー

私の初めての霊体験その④

前回は鼠男に遭遇し、苦しい思いをしたこと...

数秘術の話〜自分を知る手がかり

私たちは生まれる前からこの世で何をして何...

輝矢神子の体験談~美鏡勾玉編~

美魔校、美魔大関係者に関わらず大人気の「...