ホーム コラム スピリチュアル 結界は、オロナミンCドリン...
RINA
RINA

沢山の動物が幸せになる世界へ・・

短い間でしたが、こちらでコラムを書かせて...

結界は、オロナミンCドリンクのようなもの

ご無沙汰してます!
全然投稿が追いつかなかったですね。
でも毎日スピリチュアルなことは続けていました。

今回はここ2ヶ月間の
わたしのスピリチュアル実験結果のような内容です!

私は毎朝芦屋道満様の結界をはります。
美鏡魔法学校の授業で習うこの結界。

で、す、が、
私は、この結界を習ったのにもかかわらず
結界をはらずに生活をしていた、という。
忘れてしまうのですね、
なぜか自分は大丈夫みたいな、、

スピリチュアルの力を
信じなかったり、信じたり、していたのです。
気まぐれでした。

でもやっぱり結界を張ってないときのわたしは
   バイク事故にあったり、
   疲れやすくなったり、
   弱音を吐く、
   ネガティヴな発想になる
   集中力が散漫になる、
など、、負の連鎖でした。

それで本当に変わりたくて
結界をちゃんとしようとなりました。
(最初からちゃんとしたらいいのですが笑)

それから、
結界をしてないときと
してるときの自分を
意識して比較するようにしました。

そこで、気づきがありました!

結界をはっていないときの自分は
死に対する恐怖がなくなる感じがあったのです。

それはいい意味の方ではなく、
自分を低くみるという意味です。
自分なんて死んでも誰も困らない、
わたしは、ひとりなんだ、、
という風な悪い方の死への考え方です。

その時の自分の独り言は、
「はぁ疲れた」の次に、「死にたい」と呟いてるのです。
疲れた、だけだと、まぁ大丈夫ですが
なぜか、死にたいとなるのです。

ですが結界をはったときは、
内側から生きているパワーがみなぎる
感覚がありました。
落ち込んでも疲れても
はぁ、死にたいという風にはなりません。

結界をはることで、
負のエネルギーを近づけることなく
生きるエネルギーが湧いてくることが
わかりました。

ちゃんと生きよう、
この人生をよりよくしようと
心から思います。

前までのわたしは、
死んだら楽になるなんて思う
暗い自分が必ずひょっこり現れていました。

ですが、わたしは、
結界をはることで、悪いエネルギーが
自分に湧いてこないことを実感しました。

悪いエネルギーは、本来は自分から湧いてこないそうです。これは、悪い空間、霊に引っ張られているだけだそう。

本来、私たちは
光のエネルギーが流れている存在なのです。
なので、結界をはり、
自分の内なるエネルギーを守る。
やっと、意味が分かりました。

これがわたしのスピリチュアル実験結果です!

結界をはって守られる感覚について

しっかり生きたいと思う、
疲れが軽くなる、
発想が明るくなる、
こんな感じがあります。

また、私は、
オロナミンCドリンクに例えて
結界を気軽に日常に取り入れています♪

スピリチュアルは特別なことではなく
本当に元気がでるからするのです。

元気があるって素晴らしいことです♪
私的には、結界は栄養ドリンク☆です。

元気ハツラツで毎日楽しむぞー!☆

バナー