ホーム コラム スピリチュアル 自分が守るべきルールとは
sono
sono

神々からのメッセージ① 瀬織津姫より

瀬織津姫です。 これから世界は混沌...

わたしのこと~無財の七施~

わたし、なぁんにもできないなぁ・・・わた...

戦う事を終えて!

私は前世からずっとボロボロになりながら戦...

自分が守るべきルールとは

こんにちは。
フリーランスエディター&ライターのsonoです。

皆さんは、自分で決めているルールはありますか?

全くない人。
いくつかある人。
たくさんある人。

いろんな方がいると思います。
ルールって、作るべきでしょうか?
私はある程度あったほうがいいと思っています。
でも、ありすぎると苦しいと思います。

ルールといえば、校則。
校則って学校によって全然違いますよね。
私は中学3年の頃、転校をしました。
中学1〜2年に通っていた学校は、校則なし。
反抗的な人もいましたし、金髪の人もたまにいましたが、そこまで、不良という不良はいませんでした。
そのぶん、冷めたところもあった気がしますが、、比較的、穏やかな学校だった気はします。(私自身は暗黒時代でしたが)

転校した先は、校則だらけ。
いわゆる不良もたくさんいました。
パンチパーマにボンタンを履いている人も。
当時はアムラーが流行っていた時代。

え・・・今どきボンタン・・・?!

とびっくりしたものです。
それはそれで見ていて楽しかったのですが、
校則がたくさんあるゆえに
こんなにルールを破る人がいるとは・・・と
思っていました。

対して、高校は私立でしたが、
唯一の校則が、

「スカートは膝上」

膝下、じゃないですよ。膝上。
なぜかこれが校則(笑)。
未だに理由が謎です。
(ちなみに、矢沢あいさんの漫画「天使なんかじゃない」のモデル校らしいです!)

何が言いたいかというと、
ルールはほどほどに・・・が良いのではないか、
ということ。

ボールも2つや3つ投げられたらキャッチしようとしますよね?
でも一度にたくさん投げられたらどうでしょう。

全部受け取ることすら放棄するのではないでしょうか。

自分にも他人にも、
なるべく決めるべきルールは、
必ず守るべきものだけでいい。

より生きやすくするために、自分なりのルールを少しだけ、決めてみてはいかがでしょうか。
多すぎは、禁物です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

バナー

アポロンハンド

先日ある魔法学校の先生から、何年も取れな...

ローズは魔女だったのかもしれない⑤

価値観、先入観、そんなモノがとりまくマー...

薬師如来様のお力

こんにちは。yukoです。わたしは子供の...