ホーム コラム スピリチュアル 女性ホルモンとチャクラ仮説...
yuko(ゆうこ)
yuko(ゆうこ)

沢山の動物が幸せになる世界へ・・

短い間でしたが、こちらでコラムを書かせて...

女性ホルモンとチャクラ仮説

こんにちは。yukoです。

今日は、私が日常患者様からよく相談を受けている女性ホルモン(エストロゲン)の話をしたいと思います。
エストロゲンは脳・中枢神経、循環器、脂質代謝、乳房、皮膚、骨、泌尿器など様々な場所に存在し、良い働きをしています。10代半ばで急激に増加し、40代前後で下がり始めます。体内の様々な場所で作用する女神のような存在であるエストロゲンが減ると体にいろんな不調があらわれ始めます。代表的な症状は
■脳→物忘れやうつ
■循環器→血圧上昇、心疾患のリスク
■脂質代謝→体内脂質の増加
■皮膚→皮膚のハリが減少 
■骨→骨量の減少 
 
辛いですよね。でも、それだけエストロゲンってすばらしく女神様なんです。
40代までと同じような生活習慣では、不調をきたす可能性が高いことがおわかりいただけたと思います。ではどのような対策があるでしょうか?
 
まず治療としては、ホルモン補充療法や漢方薬などがあります。またそれぞれの症状に応じた薬を服用する対症療法があります。
薬はなるべく使いたくない方や、早めの対策としておすすめなのが大豆です。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするからです。それだけではなく大豆には機能性成分も豊富に含まれ、天然のサプリメントともいわれています。
ご注意いただきたいことは、イソフラボンは腸内でエクオールをという成分に変わることでより強力になりますが、自らエクオールを作り出せる人は2人に1人です。
ですので、エクオールのサプリメントをとることをお勧めします。
また加齢により基礎代謝も低下し、筋肉量が減少するので筋力トレーニングなどをすることも健康を保つための習慣にしていただきたいです。
それともう一つ、睡眠のリズムを整えることも大切です。
大豆、筋トレ、睡眠で新しいカラダをつくり、いつまでも美しく健康に過ごしましょう!
 
と、ここまでは患者様にお伝えしている内容です。プラスできるスピリチュアルの要素として、チャクラトレーニングが有効なのではないかと思っています。
もちろんすべてのチャクラがバランスよくキラキラ回っているのが良いのですが、40代前後からは特に第1、2チャクラを丁寧に浄化し、波動をあげると少なくなった女性ホルモンを輝かせてくれる可能性があるのではないかな?と期待しています。 

まず自分でトライしてみますね!

バナー